放射能と共に生きざるを得ないこれからの日本。何をどうすべきか考えて生きて行きましょう。

福島の原発事故の影響で21世紀は放射能、放射性物質に注意しながらの生活が余儀なくなりました。

空気・大気汚染
空気・大気汚染
飛散した放射能は大気中のチリ・ゴミ等に付着して放射性物質となり、雨などと共に私たちが住む大地に降り注ぎます。
水道汚染・地下水汚染
水道汚染・地下水汚染
大地に降り注いだ放射性物質は雨と共に地下に浸透し、地下水脈を汚染させます。井戸水に注意が必要です。
大地汚染から、作物汚染に
作物汚染
大地が汚染され、地下水が汚染され、穀物・野菜などの作物汚染が頻発しています。汚染された土壌の作物には注意。

放射性セシウム134、137などとの闘い

飛散した放射性物質はセシウムだけではない・・・。

ガイガーカウンター/放射線量測定器
発表によると、土壌のサンプルは2011年3月16、17日に浪江町で2点、飯舘村で1点が採取され、分析された。この結果、ストロンチウム90は最大で土壌1キロあたり32ベクレルだった。半減期が約50日のストロンチウム89は最大で260ベクレル。同時に分析されたセシウム137は1キロ当たり5万1千ベクレルで、ストロンチウム90の値は、この0.06%の量だった。

大気中の放射能汚染情報関連サイト

バナー

Menu



人気姉妹サイト

サイト内容

放射能・放射性物質について
放射能の基礎を学習しましょう。
水道水汚染・地下水汚染
如何にして放射能汚染を未然に防ぐか。冷静な生き方・生活をするための情報
作物汚染
測定器には「種類と用途」があります。必要性に応じた選択をしましょう。